1.目標


従業員が、仕事と子育てを両立させることができ、従業員全員が働きやすい環

境を作ることによって、その能力を十分に発揮できるようにするため次のように

行動計画を策定する。

2.計画期間

平成30年9月1日〜平成33年8月31日

3.内容

目標1:育児休業の取得及び小学校就学前の子を持つ社員が利用出来る短時

間勤務制度等を導入し、離職すること無く継続して勤務できる環境を整備してい

く。

対策

平成30年9月 育児休業制度及び関連する規則の最新情報の収集を行う。

平成31年1月 上記規則類について、導入可能な項目について検討する。

平成31年7月 社内報、制度導入案内等を活用した周知

 

目標2: ワーク・ライフ・バランスを考慮し、計画期間内に時間外労働の消減に

ついて促進できる制度の制定をすすめる。 

対策

平成30年9月 各部門の時間外労働時間の把握

平成31年1月 各部門の管理責任者が、目標達成のため、管理できる仕組み

を設計。

平成31年7月 全従業員に対し、時間外労働短縮のための研修を開催